兵庫県西宮市に住む「ちぃ家」が 、兵庫県キャンプ場/遠方の特別な思い出のキャンプ場/キャンプギア/キャンプ飯など、ファミキャン目線で、ドタバタ劇をふまえてご紹介♡

タープ選び 「タープって必要?」

冬のステルス張り風キャンプギア

タープといえば
「簡単に立つだろう」と、見事、吹っ飛んでいった
初めてのタープ張りを思い出しますwww

予習していけば 簡単なので
動画で予習していきましょう!





今回は張り方の話ではなく
選び方のお話

キャンプ初心者さんで
タープって必要?
どんなの選べばいい?

の参考になれば幸いです☆

タープの必要性

虫が多い季節は
スクリーンタープを使用(後ほど記載)

タープっているの?
って思ってました

メリット
・影ができる(暑さ対策)
・雨
・風
・プライバシー保護
・夜露
・前室の代わり

デメリット
・下手に張ると 風で飛ばされる
・下手に張ると ポールが折れる
・ぶっちゃけ なくても なんとかなる



我が家が90%でタープを張るのは
テントのせいです(おかげです!?)
・雨対策コットンテント 乾かすことを考えると 濡らしたくない 
・前室がない
・寒さと暑さに弱いちぃ家ヘタレ 極寒で焚き火とか無理!
・夜露で ギアが濡れるのが嫌



そういう理由から 必須のタープ

みなさんどうですか?必要でしょうか?

スクリーンタープ(ポリエステル)

初心者さん
虫嫌いさん に強くおすすめなのが
スクリーンタープ

全面メッシュで囲えて
目隠し布?ももちろん下ろせます

メリット
虫が避けられる
自立式なので 初心者さんでも簡単設営

デメリット
燃えやすい(火の近くでは扱えない)
強風には強くはない
風が通りにくい
玄人感がない?!



真夏にリターンした ちぃキャンプ
虫嫌いの娘を囲うため 購入

目隠しかつ 地面直接なので
海上がりに 中でシャワー
ができたり
使ってよかった アイテム!


ただ虫の居ない季節になり
玄人感が低いため 段々使用頻度が落ち
・・・笑
きっと夏に再登場!!!のはず?!






普通のタープの紹介の前に
素材について

ポリエステル メリット・デメリット

メリット
軽量コンパクト
速乾性が高い カビが生えにくい


デメリット
暑くなりやすい
火に弱い


結論
焚き火を近くでしない
重たいコットンタープを安定して建てる自信がない
という方には
軽量コンパクトのポリエステルが 超おすすめ!




DOD いつかのタープ (ポリエステル)

参照元:DODいつかのタープ


ちぃ家には 初めて設営 風でふっとばした
DOD いつかのタープ
があります
420×410cm ヘキサタイプ




ちなみにそれ以来 一度も設営しておりません
これぞまさしく いつか張るぞ?!のタープ です・・・笑

その直後に買った 
DODチーズタープ(ポリコットン)が良すぎて
張る日は一度も訪れなかったという
不遇のタープ・・・泣



ただ手放していない とても大きな理由が!!!
ポールが最強にいい!!!!!!そこかーい
アルミポール主流な世の中
このタープ、スチールポール230cm付属!!!
めちゃ風に強い!!!!!


ポールについてはまた 話しますが。
スチールポール LOVEです






初心者さんに 立てやすいように
自在金具の色分けがされていたり
小川張りができるよう ベルト付属(したことないけど)
ハンギングチェーンとしても使用(したことないけど)
とにかく いいタープなんです

なぜかは 後述しますね


ポリコットン メリット・デメリット

メリット
影が濃く 涼しい
ポリに比べると 燃えにくい

デメリット
重く 慣れないと 設営が難しい
かさばる
雨を吸収すると 更に重くかさばる
乾きにくく カビが生えやすい(干しやすいからOK)




これだけみると
そんなにいいのか?


いや、ほんまにこっちのほうが断然いいんですゎ
チーズタープで説明しますね

DOD チーズタープM (ポリコットン)

520×520cm のポリコットンタープ
かなりでかい方だと思います

チーズタープを愛してやまない
DODの一番の名作 と思っております♡ハイ。うん。




正方形である
この形が最強なんです!
どんな張り方にも対応してくれる ツワモノ♡

お気に入りは 雨の過保護張り と 冬のステルス改良張り

でかさ!
この大きさ でなければ
テントの過保護張りするのは不可能!
コットンテント愛用のため
雨天過保護張り必須(テントを濡らさぬようタープで覆う)

びっくりするくらい
突然出来た壁になります(上画像参照)




大勢来た時も みんなで過ごせるサイズ感
風を凌ぐため
直に二辺 ペグ打ち
縦長になりますが10人ほど過ごせました



焚き火も平気
焚き火の上部はもちろんのこと
横でしても全然平気(自己責任で!)




影が濃い
影が濃く涼しい
とにかく涼しすぎます!






重い!!!
メインポール 2本持ち上げる時
ポリタープに比べると
驚くほど重い

この重いタープで 強風が来ると
アルミポールでは 太くても かなりしなる

めっちゃ怖い いつ折れるやら・・・

ここで出てくる
いつかのタープの スチールポールがすばらしい!
全然耐えてくれる ものすごい安心感


雨を吸うとさらに重いです
ポールは何本もあったほうが安心
現在
・いつかのポール(もう品名変わっている)×2
・ユニフレーム スチールボール×2
・DOD ビッグタープポール×2
などがメインで使ってます




備品なし
チーズタープM 名作ですが
タープしか入っておりません!!!

タープ初で購入の方は
ポール、ガイロープ、ペグ などなど用意必須

なので いつかのタープ のセットがほぼ流用されるという・・・


追加で買った
ユニフレーム スチールポール も
いつかのタープの収納袋に入れて 持ち歩いてます
(すみません タープ以外フル活用)




結論
焚き火、雨、風、寒さ、暑さ
全天候型 おすすめタープ のチーズタープM
ちぃ家では DODイチオシのアイテムです 
ないと困る!!!んです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました