兵庫県西宮市に住む「ちぃ家」が 、兵庫県キャンプ場/遠方の特別な思い出のキャンプ場/キャンプギア/キャンプ飯など、ファミキャン目線で、ドタバタ劇をふまえてご紹介♡

テント選び 素材でこんなに違う!

木陰のような涼しさコットンテントキャンプギア

テントを選ぶ時
テントの形で選ぶ のももちろんですが

後からわかる
素材でこんなに違ったんや・・・
という事実

知っといても損はない!!
参考になれば幸いです

タープの投稿の素材と重複の点もありますが
テント目線で まとめ直してみます

ポリエステル メリット・デメリット

メリット
・軽量コンパクト
・丈夫
・しわになりにくい
・乾きやすい カビが生えにくい



デメリット
・夏は暑く 冬は寒い
・結露する
・燃えやすく 火に弱い



結論
焚き火を近くでしない
雨で濡らしてカビを生やしたくない
という方には
軽量コンパクトのポリエステルが 超おすすめ!


ドームテント
ツールームテント
に多い素材ですね!




コットン メリット・デメリット

メリット
・風合いが良い
・通気性
・吸湿性
・難燃性
・遮光性


デメリット
重く 慣れないと 設営が難しい
かさばる
雨を吸収すると 更に重くかさばる
乾きにくく カビが生えやすい




これだけみると
そんなにいいのか?


いや、ほんまにこっちのほうが断然いいんですゎ
最後に後述します

ポリコットン(TC) メリット・デメリット

ポリエステル&コットンの混紡
TCはテクニカルコットンまたはテトロンコットンの意味

ポリエステルの良い点
・丈夫
・しわになりにくい
・乾きやすい


コットンの良い点
・風合いが良い
・通気性
・吸湿性
・難燃性
・遮光性


を兼ね備えたテント

デメリット
・重い
・それでもしっかり乾かそう



初心者さんにはおすすめ
ですが
ポリコットン≒コットンと 私は感じてます
(大きければ、どちらにせよ重いですよ・・・笑)

キャンプスタイルで 素材選び

リーズナブルさは ものによると思いますが

焚き火を 近くで絶対する!
というなら コットン系

真夏真冬は行かないよ
というなら ポリでも十分

結露は乾かせばいいから大丈夫
というなら ポリで十分

素材選びも
キャンプスタイルで変わるので
大事な点

学生時代に使っていたテント

ちなみに学生時代
ポリエステルテント使用
朝日が登った 夏の朝6時 
汗だくでテントから飛び起きる日々!!!
これがキツかった><



言い過ぎかもですが イメージは
ポリエステルは ビニールハウス
コットンは 木陰

テント屋さんに言われたこの一言が
購入の決めて




コットンテントに変えてよかったこと


・朝暑くて飛び起きず済むようになった
・日中でも 木陰のように涼しく テント内でも過ごせる


・結露で テントを拭く必要がなくなった
・結露で テント内荷物が濡れなくなった
・焚き火で 穴が開く心配が減った
・ストーブも 安心して使える(換気必須/自己責任で)


同じテントとは思えない、過ごし方が全く変わる

重さを度外視してでも
快適さを求めると 
行き着いたのが コットンテントでした♡



これからキャンプを始める方へ

・キャンプに行く頻度
・シーズン
・行く場所(標高が高いなど)
・家族構成
・キャンプスタイル

【テントの形状】もですが
【素材選び】も参考になれば嬉しいです

ステキな キャンプライフを♡

タープも
ポリとコットンがあるよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました